» ORF


Text 2009年を振り返って2:Twitterの一年

2009/12/31 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

今年の日本のネットにおける最大の話題はTwitterでしょう。ユーザ数が一気に増え、有名人のユーザを通じて一般の認知も高まり、関連書籍が多数刊行されたりテレビのニュース番組などでも取り上げられるようになりました。僕自身、今年に入ってからその面白さにハマっています。

続きを読む »

Projects Text SFC ORF 2009開催 Twitter連動企画についてなど

2009/11/25 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] [] []

23日、24日の2日間に渡ってSFCのOpen Research Forum(ORF) 2009が開催されました。今年も多くの方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。

続きを読む »

Text SFC ORF 2008-2 イノベーションは止められない

2008/11/24 | 児玉 哲彦 | [] [] []

トークセッション後のフリーディスカッション

この日本という国は、昨今イノベーションを起こす力を失っているのではないか。そして、その理由の一つとして、様々な既得権益を守るための制度や規制の存在が影響を及ぼしているのではないか。このような問題意識の下、慶應大学SFCでは、イノベーションが実現しやすい社会の実現と、そのための政策提言を目指す研究会を立ち上げる。

今回のORFでは、その提唱者である國領先生と金正勲先生、および賛同者である楽天社長の三木谷氏と、現慶應大学特別招聘教授の夏野剛氏によるトークセッション「イノベーションは止められない」を開催した。

詳細はFuture Insightというサイトにログがまとめられていたのでそちらに譲るが、とても共感できる議論だった。特に印象的だったのは、村井先生の、インターネットを普及させた経験に基づくイノベーションに関する楽観論だった。例え既存の規制の下でグレーでも、ベネフィットがあれば社会はそれを受け入れてくれる。

何より大事なことは、イノベーションを形にして、社会にベネフィットを提供していくことなのだと思う。それを続けていけば、社会一般および行政の方が後からついてくる。そんな世界になっているのだ。

慶應SFCは、今でも理想を語れる大学あり続けている。このセッションだけでなく、ORF全体を通じて、それを実感することができて嬉しかった。

Text SFC ORF 2008-1 客として訪れて

2008/11/23 | 児玉 哲彦 | [] [] []

母校慶應SFCが毎年主催する、Open Research Forum (ORF) 2008を見に行く。客として見に行くのは初めてのことだ。学生のころは、来たお客さんによく「学生は楽しそうでうらやましい」という感想をもらったが、その立場に立ってみると同じ感想を持つ。懐かしい顔ぶれがそっているせいもあるが、それ以上にいきいきと解説をする学生たちに元気をもらう。

エクストリームとしての大学

今年のテーマは「Clash of Extremes」。去年は「Towards Extremes」で、大学の研究活動は社会におけるメインストリームから外れた、エクストリームであるべきと説く。今年はそうしたエクストリームな研究活動が、ORFという場を通じてぶつかり合うことで、さらなる創造を目指す。

大学はそのような自由な創造性の発露の場であるべきだが、自分の好みとして言えばプラクティカルなものが好きだ。だから大学を出た。ただ、大学の生み出す創造的な成果が、どのようにすれば社会へもっと還元されうるのか、という問題はある。SFCでいえばKeio Innovation & Entrepreneurship Platform 研究コンソーシアム(旧SIV)の活動などはその一環だ。

刺激的なインタラクションデザインを生み出し続ける田中浩也先生も、同様の問題意識を持っているらしく、デザインエンジニアという職能を、例えばウェブデザイナーのように新しい職能として世の中に広めている最中だと言っていた。ただ、ウェブの場合でも“デザイナーが一般化した”のではなくて“ウェブが一般化した”のであって、問題はやはりアウトプットをいかに社会の中にインプリメンテーションしていけるかにかかっている。

そのような意味で、これからSFCのような尖った研究活動をしている研究機関の目指すべき道は、一層のソーシャル・インプリメンテーション(社会への実装)だという思いを新たにした。