» 文学


Text どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ

2009/2/16 | 児玉 哲彦 | [] [] []

受賞の辞退という逃げに走らなかった。現場に赴き、言うべきことを言った。何より、文学者としての言葉の力を見せた。僕は村上春樹が好きになりました。