» インタフェース


Text インタラクション・デザイナーのジレンマ:デザインは減点法

2009/10/16 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

QWERTYキーボード私たちが普段使っているキーボードの配列は、左上からのキーの並びにちなんでQWERTY配列と呼ばれています。この配列の起源は古く、タイプライターの時代までさかのぼります。

このQWERTY配列、よく考えてみると母音の位置などもばらばらで、とても覚えやすい/打ちやすいとはいえません。タイプライターがなぜこのような配列になっていたかというと、タイプライターの個々のキーは打つと動いて文字を刻印するため、あまり早くタイプするとキーどうしが干渉してしまうため、わざとタイピングが遅くなるような配列になっているのです。

打ちやすさを考慮したDVORAKといった配列も提案されていますが、普及率は事実上ゼロです。タイプライターの時代の技術的な要請から使われるようになったQWERTY配列が、なぜ今日まで使われ続けているのでしょうか。

続きを読む »

News HI2009 優秀プレゼンテーション賞

2009/9/3 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

賞状

HI学会主催のヒューマンインタフェースシンポジウム2009(HI2009)にて、「Locoscape:モバイル端末の姿勢を用いて周辺情報をブラウズするインタフェース」と題して対話発表を行い、全53件の中から優秀プレゼンテーション賞に選ばれました。

Text ワイヤレスジャパン2009レポート

2009/7/23 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] [] []

有明の空

日本最大のワイヤレス&モバイルの見本市、ワイヤレスジャパン2009を見てきました。

今回の見所は、やはりAndroidとARでした。一方でソフトバンクモバイルのブースがなく、iPhoneの出展がないのがやや寂しいです。

続きを読む »

Text Locoscape(ロコスケープ)の新規性についての補足

2009/7/5 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

昨日の毎日新聞の記事を受けて、あの限られた紙幅の内容だけでは、セカイカメラ等のAR系のアプリケーションと比べてどこに新規性があるのか、という疑問を当然持たれると思います。

そこで、デモビデオとともに、Locoscapeのインタフェースの特徴について説明しておきたいと思います。

続きを読む »

Text Locoscapeデモビデオver.2

2009/4/14 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] [] []

Google Maps表示、Flickr検索、詳細ページ移動等の機能を実装しました。実験用のシステムとしてはほぼ完成です。

関連エントリー:「自分を中心に周辺情報をブラウズするLocoscape

前のページ-次のページ