» イベント


Silicon Valley Day 2:Plug & Play Tech Center

2010/5/31 | 児玉 哲彦 | [] [] [] []

Plug & Play Tech Center

2日目、まだ時差が辛い中、多くのテクノロジーベンチャーやベンチャー投資家が入居するPlug & Play Tech Centerを訪問してきました。

Sunbridge Partners

まずは、入居しているVCの一つであるSunbridge Partnersでアナリストおよびマネージャーを勤められている川鍋仁さんにお話をうかがってきました。川鍋さんご自身のキャリアのお話を参考にしながら、僕がシリコンバレーでキャリアを作っていく方法をご相談しました。僕のように技術やプロダクトに興味がある人間は、マネジメントや金儲けに関心の強いビジネスマンタイプのパートナーを探すといいということ、そうした人間を探すためにためにビジネススクールに入ることなども良いかもしれない。一方で、今までやってきたことが色いろいろあるので、こちらでも採用してくれる企業があるかもしれず、一定の余裕のある企業であればビザの申請なども支援してくれるのでその方がよいかもしれないとのことでした。

川鍋さんのお話で印象深かったのが、日本のITにおいては下請け構造が強すぎて、テクノロジーで勝負できるベンチャーがほとんどない。なので、Sunbridgeでのお仕事でも目指しているのは、自分のテクノロジーで一本立ちできるベンチャーを日本に少しでも増やすことだとのことでした。
またSunbridgeのパートナーであるKen Ehrhartさんともお話し、僕いのDataJockeyをマルチコンピュータアプローチの研究例として大変興味を持っていただきました。

Plug & Play Expo

PayPal X Developer Chalengeファイナリスト

Plug & Playでは、本当にたまたまなのですが、この日は年に一度のExpoの日で、たくさんのベンチャーが展示を行っており、分野もウェブに限定されずエネルギーや建築など広範でした。ここで、TweetBrainというTwitterと連携するQ&Aサイトを開発して話題になったDeXin Shiという中国人の女性と知り合いました。(名刺に書いてある職業がEntrepreneur!)DeXinに僕のポートフォリオを見せたところ大変興味を持ってもらえ、この後DeXinとは滞在中にたびたび会ってアイデアを練ることになります。

今回はPayPal Xがプラチナスポンサーとなり、Pay Pal XのDeveloper Challengeのファイナリストによるプレゼンテーションがありました。発表されているビジネスアイデアのレベルについていうと、日本のビジネスコンテストなどと大きな差はない。しかし、ベンチャーやソーシャルビジネスのファンドレイズをするためのサービスが多く提供されるなど、こちらでは事業やサービスのマネタイズへの真剣度合いが日本と比べてはるかに高いと感じました。この点は、後のStanfordの訪問の際にも同様でした。

情報プラットフォームのエコシステムが成立するためには課金システムが重要で、AppleのiTunesやドコモのiモードが成功したのもこの点が大きいです。アメリカではPayPalが広く使われているため、PC上のウェブサービスの課金が行いやすかったためにビジネスチャンスが大きかったことがよくわかりました。

Text 2020トランスペアレントソサエティーへ向けて

2010/1/16 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] [] []

2010年1月15日に三田で行われたSFC20周年を考える第二回未来創造塾ワークショップにて発表。ライフログによって人の行動が透明化されるトランスペアレントソサエティーを予想し、そこへ向けたSFCとしての取り組みを提案します。

Twitterのハッシュタグ#sfc20#sfccloudにて活発な議論がなされています。

関連エントリー:謹賀新年2020:トランスペアレントソサエティーの10年

Projects Text SFC ORF 2009開催 Twitter連動企画についてなど

2009/11/25 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] [] []

23日、24日の2日間に渡ってSFCのOpen Research Forum(ORF) 2009が開催されました。今年も多くの方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。

続きを読む »

Text ネットワーク化する家電―その成功のカギは?

2009/9/8 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

CNET Japan Innovation Conference 2009先月末にCNET Japanが主催したCNET Japan Innovation Conference 2009 ネットサービスで変革する情報機器・家電の世界(CJIC2009)に参加してきました。

ベンチャーの家電メーカーCerevoが開発中の、ネットワークサービスにリアルタイムにアップロードするカメラや、フリービットによるiPhoneをウェブサーバ化するServersManなど、各社の興味深い発表を見ることができました。

私たちユビキタス・コンピューティングの研究者は、ネットワーク化した情報家電による新しいサービスや付加価値を追い求めてきました。ですが、それらの成果が今一歩社会へ出ていかないという状況があります。その一方で、インターネットおよびウェブは生活のインフラとして着実に定着してきました。

一つの反省として、ユビキタス・コンピューティングはもっと今の現実のインターネットとの連携を指向するべきだと感じています。というのも、近年成功した情報家電は、基本的にネットワークサービスと連携するものだからです。

続きを読む »

News HI2009 優秀プレゼンテーション賞

2009/9/3 | 児玉 哲彦 | [] [] [] [] []

賞状

HI学会主催のヒューマンインタフェースシンポジウム2009(HI2009)にて、「Locoscape:モバイル端末の姿勢を用いて周辺情報をブラウズするインタフェース」と題して対話発表を行い、全53件の中から優秀プレゼンテーション賞に選ばれました。

次のページ