About

2010/10/11 | 児玉 哲彦

About


「この犬の中身を作るよ」

Studio+iが立ち上がったきっかけは、六本木ヒルズのメンバーの二人が初めて出会った日のこんなやり取りでした。一人は慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスで都市を研究し、もう一人は同キャンパスでモバイル機器のインタフェースを研究していました。都市研究側は秋葉原の地域情報化プロジェクトで、システムを作る技術者を探していました。インタフェース研究者は自分のシステムを街中へ展開するためのフィールドを探していました。

そこから生まれたのが、ここHOREアキバです。

その出会いをきっかけに、他の大学関係者やデザイナー、企業、地域とのコラボレーションを通じて、生活空間に情報技術を活用する様々なプロジェクトが生まれてきました。私たちは、その中で、自分たちのコミュニティの取り組みを一つの旗の下に展開していくことにしました。

それがStudio+iです。

+iという名前は、information technology, internet, interactionといった新たなテクノロジーを、既存の空間に融合させていくという私たちの取り組みを示しています。iはまたeyeでもあり、人々の行動や考え方を観察し、デザインに応用するというあり方を示しています。

私たちはまだ実際のスタジオを持っているわけではありませんが、このウェブサイトを拠点に、今後も空間と情報を融合するプロジェクトや研究を行っていきます。

世界が愛でいっぱいになるように、という願いを込めて。
2007/10/10 Studio+i代表 児玉 哲彦

No TweetBacks yet. (Be the first to Tweet this post)


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

comment feed


Trackback URL

Additional comments powered by BackType